さくらんぼ助産院

手洗いよりアルコール消毒が有効な時も…

こんにちは。
寒くなってきましたね。インフルエンザも少しずつでてきています。

今日は色々な場所の細菌の数をかぞえてくれる機械が、さくらんぼにきて手洗いの実験をしました。
手洗いの前に、いつも使っている超音波のプローべ(スタッフがもつところ)の細菌数を計ってもらいました。
なんと451  まずまず綺麗であるそうです。

手洗い前に同じように細菌数をかぞてもらい、4105でした。 
場合によっては何万も菌がいることもあるそうです。十分に手洗いをした直後には172と綺麗になっていました。

水島協同病院の感染とお話をしながら、手が汚れているときは手洗いをしますね。
手が汚れていなかったら手洗いより速乾性の手指消毒剤の方が殺菌効果があることを言われていました。

細菌によってはアルコールで死滅しないものもあり、次亜塩素系の消毒剤が必要なこともあると思います。
(嘔吐下痢などの感染性胃腸炎)そんな時、ミルトンが使用できることもありますので、もしこどもが嘔吐したりして床や便座など拭く際に使用してみてくださいね。0.1%の濃度であれば効果あるそうです。

店などにある便座のアルコール拭きは、アルコール濃度が少なめであまり効果がないそうなので注意ください。ロタウイルスなどには効果ありません。

色々と勉強になりました。皆さん、よければ参考にしてください
f0137969_15202476.jpg
f0137969_15223014.jpg
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2016-11-18 15:22 | 最近の出来事
<< あけましておめでとうございます 福山に講義に行ってきました >>