さくらんぼ助産院

カテゴリ:スタッフ紹介( 8 )

ALSO講習を受講し認定されました

こんにちは。
雪が降る予報も雨となり、晴れの国おかやまを実感する今日この頃です。

11月というかなり前の話になりますが、ALSO プロバイダーコースという講習に参加し認定されました。

ALSOとは、周産期救急に効果的に対処できる知識や能力を発展・維持するための教育プログラムです。

アメリカが発祥ということで、ほとんど英語。翻訳されたテキストも辞書に匹敵する量にびっくりしました005.gif
さくらんぼ助産院では、正常分娩しか取り扱わないので、久しぶりに吸引分娩など異常分娩について医師の立場で教えていただき、目からウロコでした。
それぞれ実技やグループワークもあって、グループ毎に分かれて色々教えていただきました。
本当に良い刺激をいただきました!!

産科はいつ何が起こるか分からないところ。
母親・胎児(赤ちゃん)の両方の命を預かっているからこそ、異常にならない身体づくりの大切さを感じます。
f0137969_10355629.jpg


認定書も英語記載と所長が読めない!と怒っていました
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2017-02-09 10:37 | スタッフ紹介

2010年6月からのメンバーです。

さくらんぼ色の花壇になるのを待って写真を撮りました。
笑顔が一杯の助産院です。近くへお越しの際にはお立ち寄り下さい。
f0137969_1933322.jpg
f0137969_19314799.jpg
f0137969_193243.jpg

[PR]
by sakuranbo6sanba | 2011-05-15 19:23 | スタッフ紹介

4月からの新メンバーです

4月からの新しいメンバーです。
柏山美佐子
塩尻由希子
井野川良枝
大久保智己
水島協同病院の助産師2名も新しくなりました。
よろしくお願いします。
f0137969_1456646.jpg


紹介を簡単にします。
柏山美佐子:さくらんぼ助産院の所長です。さくらんぼの顔です。大きな器のような人でスタッフをその器の中で転がしています。年齢のわりに耳がよく小さな声も聞き逃しません。それと五感というか第六感が働き、少々人間離れしているように思います。赤ちゃんの声が聴こえるんよ。何か感じるんよ。これっていい意味で本当に怖いです。みんなが大魔神、魔女と言うのがわかりますね。この所長の得体の知れない魅力にはまってしまう人は多いでしょう。
 
塩尻由希子:さくらんぼ唯一の20代といえば聞こえはいいが・・・今年の2月に結婚しました。もうお姉ちゃんではありません。おばちゃんですよね。若いけれどしっかり者で私は頼りにしています。新婚生活の楽しそうな話は倦怠期を向かえているスタッフには毒です。休みがあればふたりで遊びにでかけています。いいなあ!趣味は豊富で今は小物の手作りやジム通い、アロマといろいろとしています。
  
大久保智己:目と声に優しさのあるお母さんと言った感じのする人です。なんだか安心できる、思わず膝枕したくなる感じです。普段着はマダムぽいし、趣味はお菓子作りなのでセレブ?彼女の作るチーズケーキはおいしかったです。本当によいお母さんです。仕事面は病院勤務経験のあるベテラン助産師です。日々教えてもらっています。

井野川良枝:3人の子供さんを育てているママさん助産師。1番上のお兄ちゃんは今年から大学生です。そんなに大きい子供さんがいるのって驚きです。子供に相手にされず愛犬マロンと余生を暮らしています。この4月から水島協同病院の産婦人科外来からさくらんぼへ来ました。今気になることはあごとお腹の肉をとることです。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2009-06-12 14:04 | スタッフ紹介

たまに来る助産師

普段は、水島協同病院の産婦人科外来で働いている井野川助産師です。
お姉さん的存在で、外来の顔として定着しています。

外来が終わって、午後からさくらんぼにひょっこり来てくれます。

3人のお子さんのお母さんです。

シェイプアップ教室のかけ声が早すぎて、大笑いでした。

飄々としているのだけど、どこか笑いを誘う要素を持っています。

「産婦人科外来井野川です」 (ワントーン高め)
「さくらんぼ林ですが・・・」
「な~んだ、林さんか~なんですかあ~」 (ワントーン低め)

たまにではなく、いつもさくらんぼにいてほしい助産師です。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-06-16 23:08 | スタッフ紹介

末っ子助産師

唯一独身の大西助産師です

独身なのに、大きな車に乗っているので、みんなにつっこまれています。

赤ちゃんを産んで幸せそうなお母さんを見るたびに、
「あ~いいなあ~」
と言うのが口癖です。

「わたしも結婚して、子育てしたいな~」
と言うものなら、
「いい人がいたら、さくらんぼに連れてきなさい」
と他人なのにお節介な姑助産師が口々に言います。

一番若くて、小さくて、かわいいので、先輩助産師からとても可愛がられています。

助産師としては、まだまだこれからのひよこさんですが、とても大きな可能性を
持っています。
・・・体が硬いのが弱点です。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-06-16 22:54 | スタッフ紹介

発明家

常にひらめきを持っている中川助産師です。

思いついたら、すぐにさくらんぼノートに書き込んでいます。
たまに所長から却下されます・・・

中川助産師のメモはちょっとしたメモではありません。
広告紙の裏にびっしりと小さな文字で書かれています。
私だったら、これだけ書くのに何時間かかるだろうかというくらいです。

メモがそういう感じなので、話し出したら止まりません。
教室の時には何か、台本もっているんじゃないかというくらい、話しています。

仕事中は、動いていないと気が済まないと言うとおり、働き続けています。
「ごみすててくるわ」
「あ、いいですよ。後でいきますから」
「・・・」
「あれ、もういない。」

赤ちゃんが大好きで、以前病院で働いていた時に
「新生児室がいちばん癒される~あかごは可愛い~」
と言っていましたが、さくらんぼ助産院でも
所長に、「いいかげん、お母さんの所に赤ちゃんを返しなさい」
と言われるまで抱っこしています。

アレルギーや、添加物などに詳しくて、食事についても熱心に勉強しています。
整体の勉強もしていて、いつ体が休まるんだろうと、心配になります。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-06-16 22:42 | スタッフ紹介

ツボ助産師

以前ツボを勉強していたという坂本助産師です。
読書が好きで、いつもカバンから本がのぞいています。
建築にも興味があるそうです。
成人した子供さんが4人います。
ちなみに、園芸副部長です。

パソコンや、超音波の操作では、所長のスパルタ教育にもめげず、
上達し、使いこなせるようになりました。

先日はツボの学習会をしてくれました。
安産のつぼや、元気が出るツボ、おっぱいがよく出るつぼ・・・

話し方が穏やかで、やさしいお母ちゃんです。

もうすぐ退職の年齢ですが、もっともっとさくらんぼにいてほしいです。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-06-16 22:20 | スタッフ紹介

所長さん

さくらんぼのにぎやかな産婆たちをとりまとめているのは
所長の柏山助産師です。

誰にも教わることなく、いきなり超音波を使いこなし、開設当初全くなにもわからなかった
私たちに手取り足取り教えてくれました。

なんだか、お産が思ったように進まないな~と思っていると、どこからともなくやってきて
赤ちゃんと会話をしています。
その後赤ちゃんがつるっと生まれてくるのです。
「なにしたんですか?」「う~ん、赤ちゃんが話しかけてくれるんよ」「・・・」

人をその気にさせるのもとても上手です。
「ちょっと、太りすぎじゃないの?」
笑顔で妊婦さんに話しかける様子は、きついひと言も、何故か嫌みなく受け入れられます。
「頼むからうちで産んでよ!」が口癖になっています。

スタッフもしかり。
所長が黄色い花がいいといえば園芸部長の助産師はすぐさま買いに行きます。
名刺を作りたいんだけど・・・
といわれれば、パソコンがやや好きな助産師はすぐさま取りかかります。

  魔法使い・大魔神・仙人など、すごいニックネームがつくのもうなずけます・・・
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-06-16 21:37 | スタッフ紹介