さくらんぼ助産院

<   2007年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 授乳中でお薬の服用が必要な時のママへ 


        H19.12.28、さくらんぼ助産院 助産師 大西由希子

★風邪などでどうしてもお薬を飲まなくてはいけない場合があると思います。そのお薬が母乳に影響があるかもしれません。
診察の時に授乳中であることを伝えてください。その場合、薬を処方される医師より「薬を服用中は母乳をあげないでください。」と言われることがあります。その中で、服用しても影響のないものや少ないものもあるので、産婦人科医または薬剤師にご相談下さい。

★影響のあるお薬を内服する場合、お乳は3時間以上出さずにいると出が悪くなってしまうことがあります。            
授乳をしていない時は、搾乳を3時間ごとに行ってください。搾乳の方法は色々ありますが、搾乳器があれば使用してみてください。ない場合は、手絞りか搾乳器を準備することをお勧めします。搾ったお乳は捨てるようにしましょう。

★また、内服後も母乳に影響が残るお薬があります。処方される時に授乳を再開する時期を産婦人科医または薬剤師に確認しておきましょう。(お薬の影響が血中に残っていて、お乳に出ることもあります。)

★母乳育児を続けている子どもさんは哺乳瓶を嫌がることがあります。また、哺乳瓶に慣れてしまい、再開するときに母乳育児がうまくできないこともあります。
そのために、「さくらんぼ助産院」では母乳育児を応援しており、哺乳瓶を使用していません。母乳育児に不安や疑問、哺乳瓶を嫌がる場合は、いつでもご相談に来てください。少しでもスムーズな母乳育児を続けていけるよう協力したいと思っています。
                      
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-12-28 18:51 | 母乳育児

助産雑誌 2008 Vol.62 Janary 1 医学書院

医学書院から出版助産雑誌チャレンジ!自立と責任第1回「さくらんぼ助産院 病院の隣にできた院外助産所」でジャーナリスト河合蘭氏の取材を受け載っています。興味のある方是非読んで下さい。
f0137969_1451377.jpg

[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-12-25 17:22

参加しました。

今年も残りわずかですね。体調は崩されていないですか?
インフルエンザも早くから出てきているので、手洗い・うがいをしっかりして下さいね。

さてさて本題ですが、この度「mixi」でさくらんぼ助産院のコミュニティを立ち上げました♪
色々な方に助産院を知って頂きたいことと、「mixi」では、コメントの入力も出来るようなので、参加していこうという話になりました。

興味のある方、ぜひ「mixi」に参加されている方は、見てみて下さいね。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2871571
※参加は承認制にしています。参加希望のある方は、ぜひ参加して下さいね。
[PR]

山陽新聞の取材を受けました

今日は、山陽新聞社の取材を受けました。
取材協力して下さった、さくらんぼ助産院通院中、入院中のお母さんとあかちゃん、ありがとうございました。
院外助産院として取り組みの取材です。
日本全国安心してお産できるよう国家レベルの取り組みが必要ですがどうしたものか・・・・・・・考え中のようです。
子は国のたからです、宝が誕生する現場をみんなで考える必要があるのです。
私たち、さくらんぼの助産師もできることから始めました。
多くの方の協力を得て走り出しています。
取材中も分娩中止をする予定の病院から施設見学の依頼が入りました。
まだまだ、分娩予約者が少ない現状ですが、オープンして66名のあかちゃんが誕生しました。
みんな元気で大きくなって下さい。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-12-11 18:54

シンポジウム「どうする?岡山のお産」話題提供に行ってきました。

第24回岡山県母性衛生学会が12月8日に岡山大学でありました。
県北では、ドンドンお産が出来る産婦人科が減ってきています。産婦人科医師不足は岡山県にも影響が出始めています。さくらんぼ助産院も産婦人科医師の減数によりお産が出来る場を残す目的で開設しました。そう言った経緯からシンポジストとして参加しました。
安全なお産をめざし院外助産院を運営していますが、お産は、やってみないと分からないのが現状です。かといって高次機能病院にお産が集中してしまったのではベッドがなくなって、よりハイリスクな妊産婦や新生児を引き受けられない現状が発生している報告を受けました。
これから出産を考えている方たちが不在の医療者側のシンポジストでしたが、深刻な事態がお産現場におこっています。これからお産する方の気持ちや意見が反映できるようなシステム作りが大切です。
院外助産院としてスタートして1年と2ヶ月、全国的に新しい取り組みとして注目を浴びていますが、よちよち歩きがしっかり歩けるよう、命の大切さを1番に考え少しでもリスクをおさえ自然なお産をして頂けるよう、医療機関との連携をとっていくことと、「さくらんぼ」の名のように医師と助産師も寄り添える関係作りをこれからも大切にしていきたいと思っています。
12月14日に高次機能病院である倉敷中央病院で母体搬送のシステム研修と施設見学会にスタッフ全員で行ってきます。
                               さくらんぼ助産院 所長 柏山 美佐子
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-12-09 14:23

シェイプアップ教室

シェイプアップ教室を開催しました。
産後は骨盤が一番開いている時期なので、骨盤の矯正と共に、部分ごとにシェイプアップをしていきました♪
意外と「インスパイリングエクササイズ」は全部をしていくと大変ですが、少しずつ出来るところから増やしてもらえたらと思っています。

産後のお母さんと赤ちゃんの成長が見れるので、産後の教室の楽しみでもあります。
さくらんぼ助産院に産後も遊びに来てくれることで、私たちスタッフも癒されてます。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-12-06 16:00 | 各種教室

タペストリー秋バージョン

玄関先にかけてあるタペストリーが秋バージョンになりました。
f0137969_16591270.jpg

今まで元気に産まれたさくらんぼの赤ちゃんたちの写真を貼っています。
みんな可愛いお顔で皆さんをお迎えしています♪
さくらんぼ助産院に来られた際はぜひ見てみて下さいね。
四季に合わせて変えているので、色んなタペストリーが見れると思いますよ♪
[PR]

私の出産 Part1

いつものようにさくらんぼ助産院に遊びに行った帰り際、中川さんから「ブログとか得意?」
「ボランティアでブログの更新しに来てくれん?」との言葉。
暇だし、ここなら子供も連れてこれるからいいかと思って承諾してしましました。
いったい何を書くのかも知らないまま・・・
後日、自分の出産体験について書いて欲しいと聞き、安請け合いしたことをちょっと後悔。
いったい何を書いたらいいのか?どう書いたらいいのか?
「何でもいいよ~」って言われとりあえず思うままに書いてみることにしました。



まずは、病院選びから。

そろそろ子供が欲しいと思い始めて程なく、妊娠した?っという感じで
取りあえず水島協同病院の産婦人科を受診。めでたく妊娠が確認されました。
「さくらんぼでの出産も考えてるんかな?」という先生の言葉。
さくらんぼ助産院での出産か里帰りでの出産かで考え中。
初めての出産。お世話も不安。里帰りが無難?
でも、里帰りだと近くに分娩可能な病院はない。一番近くて車で30分くらいはかかる。
その点では、さくらんぼ助産院なら徒歩圏内。
色々考えました。1人で決められるようなことではないので家族みんなに相談です。

まずは旦那に相談。
産むのは私。私の好きなようにしたらいいとのこと。
でも自分の希望を言わせてもらえれば、産まれてくる赤ちゃんと長期間離れておくのはつらい。
赤ちゃんの一ヶ月は大きいから。仕事の関係上、ちょくちょく会いに来るのも難しい。
だから、出来れば近くで産んで欲しい。それが出来るのも一人目だけだろうから。

そう言われてしまうと、もうさくらんぼ助産院での出産に心は傾きます。
両親にも相談はしたけど、相談というよりも報告、協力要請のようは形だったような気がする。

そんなこんなで、旦那の強い希望によりさくらんぼ助産院での出産を希望することになりました。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2007-12-03 17:17 | 私のお産体験