さくらんぼ助産院

<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

母乳育児を応援します

母乳育児を応援しています母乳育児をしていると、おっぱいトラブルが起きることがあります。おっぱいトラブルの中では、乳汁の渋滞や炎症が多く、おっぱい全体が硬くなって、しこりや痛み・発熱を伴うことがあります。一番の治す方法は、赤ちゃんにおっぱいをよく吸ってもらうことです。また熱を持っている時は氷で冷やすのではなく、冷水で濡らしたタオルを当てると良いです。それでも軽減しない場合は、産婦人科や助産院を受診していただくことをお勧めします。予防方法は、よく吸ってもらうこと、甘いものや動物性の脂質の取りすぎに注意して根菜類を意識して食すること。また、あかちゃんが少し大きくなって色んなものを口に入れるようになっていたら、授乳後に乳首を拭くことです。他には、乳頭亀裂やおっぱいかぶれを起こすことがあります。濡れた状態のまま母乳パッドや下着を当てているとかぶれてしまいます。こまめに下着やパットを変えましょう、乾燥肌の方は刺激の少ないクリームを塗布すると良いでしょう。他にもどうしていいのか不安な時は、さくらんぼ助産院へご連絡下さい。
電話 086ー448ー1103
FAX 086-448-1104

[PR]
by sakuranbo6sanba | 2008-02-17 10:49 | 母乳育児

救急救命士さんへ講義

今日は、救急救命士さん2名と翠松高校看護科4年生と近年の産婦人科の現状や女性特有の病気について、救急時の対応などについて水島協同病院産婦人科の大村医師より講義がありました。
今、産婦人科医の不足と共に、最近ニュースで取り上げられた妊婦・産婦の管理などがあります。
その中で、過酷な産婦人科医の実情を知ることができ、たくさんのことを勉強にしました。

助産院のスタッフからは、救急搬送中の対応、主に分娩についてお話しさせて頂きました。
お母さんと赤ちゃんが元気であることが一番の願いです。
少しでも救急救命士さんのお役に立てたらと思っています。
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2008-02-08 16:00 | 講座