さくらんぼ助産院


子育て応援
by sakuranbo6sanba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

会陰切開しないお産

さくらんぼ助産院では、医療介入なしのお産、つまりお産の時に赤ちゃんが通過しやすいように会陰を切ったりしません。
あかちゃんの頭が見え隠れする頃(排臨)私たち(助産師)の手で温めます。また、肛門部の圧迫を発作時にずっと付き添って手当します。(肛門は会陰が柔らかくなるツボです。)
手当することによって会陰が柔らかくなりゆっくり赤ちゃんの頭が通過できるようのびてきます。
また、赤ちゃんも頭を変形させ(応形機能)お母さんの狭い産道に合わせてくれます。
おもわず”いきみ”がきますが、助産師が側について一緒に呼吸のリズムをとります。
助産院を開設して2年10ヶ月
病院でのお産と違うところです。今のところ傷なし約60~70%(初産婦・経産婦で大差なし)f0137969_20122240.jpg
それでも少し傷ができることがあります。そんな時は、”ヘルフ”といって傷を寄せるクリップのようなもの!
で合わせています。
産後少しおしとやかに生活して頂いて、早い人は、1日目で外していきます。
遅い人でも3日目には、はずします。
切った傷より浅いので自然放置でも治りますが、排尿時直接擦ったような傷口に当たるとしみるので
ヘルフを使用することがあります。傷が軽傷のせいか、縫った傷よりきれいに治ります。
そのせいか、さくらんぼでお産する方皆さん元気で、おしとやかにといってもダイナミックに動いています。

指導が足らない・・・・!!

助産師 : 柏山 美佐子
[PR]
by sakuranbo6sanba | 2009-07-01 20:20 | 院外助産院
カテゴリ
以前の記事
タグ
メモ帳
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧